ネズミやイタチなどによる被害|害獣駆除業者に依頼

作業員たち

野生動物による被害を解決

家

害獣との戦いを制するには

日本列島にはおよそ1億2千万人の人間と、人に飼われているペット・家畜の他、多くの野生動物が生息しています。小は体長数センチのネズミから大は体長2メートルを超えるヒグマまで、日本に住む動物も多種多様です。古くから日本列島に生息していた固有種もいれば、海外から持ち込まれて国内で繁殖した外来種もいます。それらの野生動物も、まったくの自然環境の中で生きていれば何の問題もありません。しかしながら中には、人間の生活圏や農地などに侵入して被害を与える動物もいます。そうした野生動物による被害は、大きく2つに分けて考えられます。1つは農作物に与える被害、もう1つは住宅や施設への侵入被害です。農作物を食害して農家に経済的な損失を及ぼす害獣としては、イノシシやシカ・サル・クマなどが挙げられます。住宅に侵入する害獣は、ネズミやハクビシン・イタチ・アライグマなどが代表的な存在です。特に農作物への被害が多発している自治体では、公的資金を投入して被害対策を実施しているケースも少なくありません。住宅への被害では基本的に自力で解決する必要があります。家に侵入する害獣の種類とその習性を知ることが、戦いを制する鍵なのです。

被害再発を防ぐ知恵

勇敢な人であれば、自分の知恵と力で害獣駆除を実施しようとします。実際にネズミのような動物であれば、誰でもその気になれば駆除するのに支障がありません。しかしながら多くの野生動物は鳥獣保護法の対象となっており、駆除するには自治体の許可が必要です。特定外来生物の場合でも、捕獲や駆除の際には法律に従って適切に処理しなければなりません。害獣駆除を専門とする業者はそうした許可を所有しているだけでなく、野生動物の習性についても熟知しています。駆除作業に必要な業務用の薬剤やさまざまな専用工具も多く保有しています。それらの知恵と資材に加え、プロならではの高い技術で害獣駆除を成功させているのです。自治体の害獣対策は農地への被害が優先されており、住宅への被害対策は十分とは言えません。役所に相談しても満足のいく結果が得られないケースも少なくないのです。そうした事情もあって、害獣の駆除撃退から被害再発の防止まで徹底して取り組んでくれる業者は心強い存在です。害獣駆除業者が地域で活躍しているからこそ、住民も安心して生活できるのです。住宅への侵入など害獣被害に悩んでいる人は、こうした業者に相談してみるといいでしょう。

駆除行為を続ける事が大事

鼠

ねずみ駆除は大きく罠を設置して捕まえるタイプと、毒餌によって駆除するタイプに分かれます。毒餌は人が間違えて口にすると深刻な事態に陥る可能性があり、小さい子供がいる家庭では慎重に使用しましょう。また、一度駆除したからと放置すればすぐに増えてしまいます。ねずみ駆除は、長い期間で行わなければいけません。

もっと読む

人家の周辺の害獣

ハクビシン

ハクビシンは特定外来生物ではなく、自由に駆除することはできませんが、自治体の許可を受ければ捕獲できます。人家に住みついた場合の対策は、追い出すか捕獲してから、清掃と殺菌消毒を行ない、再侵入を防止します。

もっと読む

害虫の駆除

しろあり

堺には見積もり金額通りに施工してくれて、きちんと保証もしてもらえるシロアリ駆除業者がいます。また問題を早期に発見して、早めにシロアリ駆除を依頼することで建物の崩壊といった最悪の事態を回避することができます。

もっと読む