ネズミやイタチなどによる被害|害獣駆除業者に依頼

メンズ

駆除行為を続ける事が大事

鼠

深刻な被害に遭う前に

ねずみ被害の大部分は、齧られる事による電源コードの導線が露わになることで起きる電化製品の不調です。それだけでも生活に支障が出ますが、さらに怖いのはそこから漏電して火事が起こりうる可能性があることです。しかもねずみに齧られる場所が、目に付く場所とは限らないのです。そうならないようにねずみ駆除を行いましょう。被害が出てしまう前に策を講じることが大事です。ねずみ駆除は大きく分けると、罠を設置して捕まえるタイプと毒餌によって駆除するタイプがあります。分別がつく前の子供がいる家庭ならば罠を設置するタイプだけを置いて、事の分別がつく人間だけの家庭ならば、それに毒餌による駆除という手段をプラスしましょう。ねずみ駆除に使う毒餌は人が間違えて食べてしまうと深刻な症状が出てしまう物も多く、小さい子供ならば最悪の事態もあり得ることを知っておきましょう。

根気よく続ける

ねずみ駆除は、一度行えばもうしなくて良いとは言えません。住宅にねずみが住み着くということは、それだけ住宅がねずみにとって快適である証明です。そしてそれは人の住み心地の良さとリンクしています。なので、一度駆除しても別のねずみが住み着いてしまう可能性は大いにあります。ねずみ駆除の薬品であれ装置であれ、ねずみはそれに対策を講じてきます。それはねずみが賢いというよりも、駆除行為から免れた個体が増えるからです。それらのねずみたちは、それまでの駆除行為にはなかなか引っかかりません。だからこそ、ねずみ駆除は長いスパンで考えなくてはいけません。ねずみを一度退治したからと言って放置すれば、たちまちねずみは増えてしまいます。ねずみ駆除は長い期間で行うのが一般的です。